「文絵のために」を遊んでみた

f:id:mocchi1919:20180419130643j:plain

 

基本情報

ゲーム名:文絵のために
メーカー:ワンドロー
価格:3,000円
ゲームデザイナー:カナイセイジ
プレイ人数:2人
プレイ時間:15分
対象年齢:14才以上

オススメ度

★★★☆☆

 

どんなゲーム?

f:id:mocchi1919:20180419140858p:plain

協力型の2人用カードゲーム。

相手が持つカードを1枚引き、書かれている内容と手持ちのカードによって、

ストーリーを展開させていく。

 

"繰り返しプレイ"を前提としたゲーム設計になっているため、

最初はルールも楽しさもよくわからない。

 

3回目くらいから「何をすればよいのか?」が理解できるので、

そこから面白さを感じられるようになる。

 

どこに惹かれて買ったの?

f:id:mocchi1919:20180419140742p:plain

設定(タイムリープもの)に惹かれたのと、

見かけるレビューの評判がとにかく良かったから!

 

実際プレイしてみてどう?

クセのあるゲームだけど、自分は好き。

好みや満足度がはっきりと分かれるんじゃないかなぁ。

 

テーブルトーク的要素をボードゲームに落とし込んだ点は、素直にすごいと思った。

ただ「すごい=面白い」ではないので、ここが満足度の分かれるポイントの1個目。

 

2個目は、初回の印象をどう捉えるか。

映画やマンガ、ゲームを楽しむ場合、自身が主人公になるパターンと

自分は傍観者になるパターンがあるのだけど、この作品は間違いなく前者。

 

他のボードゲームと比べてロールプレイ要素が極めて強く、

用意された設定に没入できるかどうかで、「つまらなさ」の消化の仕方が

変わってくると思う。

 

結びの言葉

f:id:mocchi1919:20180419142051p:plain

毎日1話のショートエピソードを楽しむ感覚で、ゆったり味わうのがオススメ。

 

マルチエンディングな上、メインシナリオ+拡張シナリオが2本ついているので、

相性のいい人は存分に楽しめるはず!

 

晩御飯を食べて少し落ち着いた頃、飲み物を片手にぜひどうぞ!