プロフェッショナルであること

f:id:mocchi1919:20170412235953j:plain

何年も前のある日のお話。

 

とあるイラストを発注していた僕は、 本当の締め切りの2週間前の日付をデッドラインとして伝え、 1ヶ月の作業期間を設けることにした。

時が経つのは早いもので、気づけば約束の日の夕方。 「きっと完成していないだろうなぁ……」 心の中でそうつぶやきながら向かった先のモニターには、 "自分の目からは"完成しているように見られるイラストが映っていた。

感謝とお詫びと興奮が混じった状態でお礼を述べかけるも、 晴れない表情で未完成であること、もう少し時間が欲しいことが告げられる。

それでは…と、仮版のイラストを受け取った上で期日を2日伸ばし、 2回目の締め切りの日、さらに2日伸ばし、3回目の締め切りの日、さらに3日伸ばす。

 

何をもって「完成」とするかは、とても難しい。

時間をかけた分だけ品質は上がる。 ただし「10%のものを80%にする作業時間」と、「80%のものを81%にする作業時間」では圧倒的に後者のほうが長く、 多くの場合、時間は有限だ。そして時間が有限である以上、妥協は必要なのだ。

4回目の締め切りは設けず、完成品として納品してもらった。

納品されたファイルを改めて拝し、安堵に包まれながらも疑問が生まれる。 以前受け取った仮版と何が違うのだろうか、と差分を確認したところ、前髪のごく一部のハネ方が、 右ハネから左ハネに変わっていたことが分かった。

たったこれだけの変更にこんなに時間を使ったのかよ……
この程度で何が変わるっていうんだよ……
これが当日の自分の素直な感想だった。

 

月日は流れ、そんな気持ちをすっかり忘れてしまったつい先日のこと。 とある人が悪気なく発した言葉に、僕はハッとした。

「もうこれでよくないですか? こんなことにこだわって、本当に意味があるんですか?」

あの人はプロの絵描きでご飯を食べていた。 だからこそ、何も知らない人には些末だと思えることにこだわっていたのだ。

僕は今、文章を書いたり、言葉を発していくことでご飯を食べている。 言葉が持っている微妙なニュアンスや意味の違いを大事にして、 澱みなく、素直に、取り違えられないように、相手の意図をくみ取り、 自身の意図を伝えることに努めている。 だからこそ、何も知らない人には些末だと思えることにこだわっているのだ。

しかし、そのこだわりは、すべて本当に必要なものだったのだろうか。

プロフェッショナルへの階段は長く、未だ険しい。